Page Menu

topimg
技能実習生受け入れ事業 « 東亜産業振興協同組合

技能実習生受け入れ事業

外国人研修制度(外国人研修制度および外国人技能実習制度)とは?

我が国の生産技術・技能・知識を研修(労働)を通して発展途上国の外国人に伝え、その国の経済発展を担う人材育成に寄与すると共に、
両国間の信頼と友好を築きながら企業と地域の活性化を計ることを目的とした公的な制度です。

外国人研修生として1年間、日本の技術・技能・知識を修得してもらい、研修終了後、国家試験【技能検定(基礎2級)】に合格した外国人に日本人従業員と同様の雇用関係(最長2年間)の下で、技能実習生としてさらに技能を高め、母国の発展に役立ててもらいます。

外国人研修生受入れのメリット

安定した若手の活力が継続的に確保できます。
意欲あふれるアジアの発展途上国の若者の参入により、職場の活性化を図ることができ、より一段の生産性の向上が期待できます。

日本の産業に強い興味を持ち、積極的に技術や技能を修得したいという意欲を持つアジアの優秀な若者を受入れることにより、企業の社会的・国際的貢献につながるのはもちろん、職場の活性化、生産性の向上、国際交流による社員教育の一助になるなど、様々な相乗効果が現れています。さらに、受入れ企業が経営の国際化や海外進出を検討される際には、当組合がサポートを行います。